SAMPLE BAR

活 動

各活動前の稽古状況です。

獅子の稽古状況

師匠や指導者の下、休むことのない厳しい稽古が毎晩続きます。体力の限界から動きが低下したり、勢いが無くなったりすると棒で叩かれ気合を入れられます。大野の稽古場は、中でも一番厳しい稽古ではないでしょうか。

大祭前稽古

柔軟性と、瞬発力が不足していると舞えない鬼。主な体位は中腰で下半身の体力を重点的に使います。大祭当日は、20時間以上踊るために自主トレーニングも行います。

鬼

2月下旬から3月上旬、春の兆しが見えるとも 佐渡ヶ島のこの時期の夜間はだまだ冷え込みます。最低気温は4~5℃。指先の感覚は既にありません。石畳での練習なので 足袋の裏側からは破れて素足が露出し、親指の爪は補強しないとはがれる程です。伝統芸能を伝承していく厳しさがよく分かります。

太鼓

見た目以上に体力が必要な裏バチ(太鼓)の練習風景。練習開始当初は何度も手のひらの皮が剥けてしまい、本番当日までには固く丈夫な手のひらに変化していきます。裏バチも体力との勝負となり、日々のトレーニングが必須です。

日吉神社

ここ日吉神社(林ノ宮)は女神の神社です。そのために本道場への女性の立ち入りは女神が嫉妬し、災いをもたらすと言われ、一切の事情でも女禁の場とされています。そして関係者以外は絶対に入ることが出来ない神を祭ってある奥の間。(通常は進入・撮影不可の場所)格子の向こうにはオーブが写り込みました。

道場破り

普段、撮影者等の部外者進入を禁ずる為、この役員のみの儀式状況は特に、最初で最後のたいへん貴重な画像となります。本番2日前夜に行う道場破り(どうじょうやぶり)は、本番同様衣装をつけて境内で舞った後、この儀式を始めます。清めに面や頭(かしら) 太鼓に、口に含んだ酒を噴きかけ、手拍子・合掌。残った酒は役員で回飲します。

inserted by FC2 system